Windows10をクリーンインストール

Windows 8.1 Pro with Media Center (x64) から Windows 10 Pro (x64)へアップグレードした環境からインストールメディアを使ってWindows10をクリーンインストールした。

前回の記事でふれているがMediaCreationToolを使い「ISO ファイル」でDVDへ書き込んだインストールメディアではクリーンインストールできなかった。そこでWin10_Japanese_x64.isoを直接ダウンロードしDVDへ書き込んだインストールメディアでクリーンインストールをした。

エラーコード: 0x8007025D

必要なファイルをインストールできません。インストールに必要なすべてのファイルが利用可能であることを確認し、インストールを再実行してください。エラーコード: 0x8007025D

MediaCreationToolを使い「ISO ファイル」でDVDへ書き込んだインストールメディアでクリーンインストールをするとフォーマット後に上記のエラーが表示されてインストールに失敗する。おかげでドライブが空っぽになった。

インストールメディアを作成

メインのwin8.1がフォーマットで消えてしまったのでXPでMediaCreationToolをダウンロードしに行ったらWin10_Japanese_x64.isoを直接ダウンロードできる事に気が付いた。

ISOを直接ダウンロード

Win7以降のOSを使っている場合MediaCreationToolのページへ飛ばされるのでそれ以外のOSでのアクセスが必要。

http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

Win10_Japanese_x64.isoをDVDへ

Windows7以前のOSではディスクイメージの書き込みをする場合、別途ライディング・ソフトが必要になる。面倒なのでWin10_Japanese_x64.isoをXPからサブのWin8.1へ渡しディスクイメージの書き込みをした。

  1. Win10_Japanese_x64.isoをXPからWin8.1へ移動
  2. 空のDVDを書き込み可能なドライブへ入れる
  3. Win10_Japanese_x64.isoを右クリック
  4. 「ディスクイメージの書き込み」

インストールメディアを使ってUEFIでクリーンインストール

クリーンインストールする前に

今回Windows10を入れるパソコンのマザーボードはASUS P8Z77-VなのでOSが起動する前にF2またはDELキーを押してUEFIへ入る。[Boot] [Secure Boot] [OS Type] と辿り[Windows UEFI mode]になっているかを確認し[Other OS]になっていたら[Windows UEFI mode]に設定して再起動

プロダクトキーについて

次の手順でプロダクトキーを無視できるのは、Microsoftアカウントでログインした状態のWindows8.1からWindows10へアップグレードした事で、Microsoftのクラウドに紐づけされているからです。紐づけされていない場合もあるかもしれないので、安全を期するためWindows10にアップグレードしたらプロダクトキーを調べてメモを取っておいたほうが良い。

Windows10をクリーンインストール手順

  1. OSが立ち上がる前にF8を押して[Boot Menu]を起動
  2. 「UEFI: xxxxx」xxxxxはDVDの名前を選択
  3. Press any Key…でEnter
  4. 言語とキーボードの設定
  5. 今すぐインストール
  6. プロダクトキー入力「スキップ」
  7. オペレーション システムの選択 Windows10 Pro
  8. 「同意します」にチェック
  9. カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)を選択
  10. システムを入れるドライブを一つの「割り当てられていない領域」になるまで「削除」
  11. 「割り当てられていない領域」になったドライブで「新規」
  12. 「回復」「システム」「MSR」「プライマリ」のパーティションができる
  13. 「プライマリ」を選択し次へ
  14. インストールが開始される
  15. プロダクトキーを聞かれるが無視
  16. 簡単設定を使う
  17. Microsoftへのサインインはせずローカルアカウントで作成
  18. インストール完了後ローカルアカウントをアップグレード時に使用したMicrosoftアカウントに切り替える
  19. ライセンス認証が通らない場合メモって置いたプロダクトキーを入力

上記の操作は記録ではなく記憶で書いてるので順番など間違えてる可能性があります。Windows10がインストールできなくても、ライセンス認証が通らなくなってもすべて自己責任です。細心の注意を払って実行してくだい。

コメントを残す