Win8.1のFlash Playerを13にした時の勘違いメモ

Flash Player13へアップデートしたらFirefoxのプラグインが二重になってしまったのでuninstall_flash_player.exeでアンインストールしてから新たにFlash Player13をインストールした。

ツールを使ってアンインストールしたのでmms.cfgも削除したと勘違いし、Flash Player13ではProtectedMode=0が最初から記述されていると勘違いした。

勘違いに気付く

どのバージョンから変更されたのか気になったのでFlash Player11.6からFlash Player13までの管理ガイドとリリースノートを読んでみた。

Flash Player13の管理ガイド
日本語ページではFlash Player11.6までのガイドしかないので、日本語ページに飛ばされた場合、サイト下部から地域をUnited Statesにする。

リリースノート
地域を日本に設定していて日本語のページがあるにも関わらず英語になるので、英語のリリースノートを開いた後に地域を日本に切り替える。

管理ガイドにもリリースノートにも変更されたとはどこにも書いて無い。こうなると前提が怪しくなってきたので、もう一度uninstall_flash_player.exeで削除してmms.cfgが消えているか確認したら見事に残っていた。

今回、勉強になった事

  1. uninstall_flash_player.exeではmms.cfgは削除されない
  2. Adobeのサイトは使いづらい
  3. Adobeのサイトはタイトルやリンク先を結構間違えてる
  4. 英語と日本語の管理ガイドの差がひどい

コメントを残す