Win10でWindows Defender の定義の更新に失敗

Windows10を入れて4日目で早速エラーWindows Updateで「Windows Defender の定義の更新 – KB2267602 (定義 1.203.952.0)」が何回やってもインストールに失敗する。Windows8.1の時にも同じ事が起きていたので対処法は知っていたが最後が少し違っていたのでメモ

Defenderの定義ファイルを削除

コマンドプロンプト(管理者)を立ち上げ、カレントディレクトリをWindows Defenderのある場所へ変更しデフェンダーのツール「MpCmdRun.exe」を使い定義ファイルを削除する

  1. [Winロゴキー+X] [A] (コマンドプロンプト(管理者))
  2. cd C:\Program Files\Windows Defender
  3. MpCmdRun.exe -RemoveDefinitions -All
  4. exit

Windows Update からだと失敗

スクリーンショット (44)

「インストールに失敗しました」が増えた。

Windows Defenderからだと成功

Windows Defenderを立ち上げて更新タブから更新をする。

  1. [Winロゴキー] dと入力
  2. Windows Defenderをクリック
  3. 「更新」をクリック

もしかしたら

定義ファイルの削除をしなくてもWindows Defenderを立ち上げて「更新」をしたらうまくいったのかもしれないです。

使い込んだらいろいろな不具合で失敗するのも理解できるけど4日いや3日でおかしくなるのかビックリ

Win10でWindows Defender の定義の更新に失敗」への2件のフィードバック

  1. Windows Defenderの定義更新画面に「ネットワーク設定の問題で更新失敗」となっていたのですが、コマンドプロンプトから定義を消した直後に更新できました。ありがとうございました。

コメントを残す